シンプル流儀

簡素生活を加速させる

普段から、食事に気をつけよう

食事にするにしても、添加物や天然着色料でも怖いですよね。

なかなか、食事を気をつけるにしても、スーパーで原材料を見るという行為は、

とても面倒なものです。それをなるべく払拭できるものが、ネットスーパーですね。

 

ネットスーパーといえば、イオンネットスーパーやアピタネットスーパーですね。

価格帯にしてみれば、どこよりも、西友が安いわけですが、

それもそのはず、アメリカ「ウォールマート」の子会社ですからね。

 

西友にしても、イオンにしても、普段から仕事で大変な方、

介護やお子さんの子守で、買い物に行けない人にとっても有用ですね。

 

もちろん、各店舗ごとのポイントも貯まりますから、

ポイントがお好きな方にもオススメです。

 

お金の奴隷になってまで、働く必要はない

最低限度の生活。とりわけミニマリストが流行になってきている。
最小限主義者といつても、各個人によって必要なものが変わるのは確かだ。

パソコンは持っているが、携帯は持たない私のような人もいれば、スマホだけですませる人もいる。少なくともスマホだけだと、ブログの執筆はしにくいだろうね。

今の所は、食費・賃貸・光熱費・旅費交通費さえ確保できれば、楽しく暮らしていけると思っている。(その前に就業しなければならないが...)

必要な経費、支出をしっかりを導き出して、無駄だと思うことを省いていく。
そして、もっと使いたい、投資したいと思うものに対しては、ガンガン使う

私でいえば、本や非常食・食料品を主に使い、逆に衣類はほとんど使わない。

流石にボロボロになって、毛玉が出始めてしまったら、交換する。

 

人の価値観は、難しい。

だからこそ、多種多様性が現れる。

さぁ、環境に配慮した生活しまひょ( ´ ▽ ` )

情報資本時代、如何に渡るべきか

自分の戒めも兼ねて、記事を書きます( ^ω^ )

 

現代、情報資本時代が到来し、人々は情報の海に溺れる日々を暮らす。

情報に惑わされ、嘘の情報が垂れ流されるが、真の情報は手に入りづらい。

 

もちろん、発信元をしっかり見極めて、中立な発信ができるところを

見つけることができれば、誠に喜ばしいことだ。

 

情報を与える側、受ける側双方に、広告が役立っている。

判断材料が増えてしまったが上、アフィリエイターやテレビコマーシャルで、受ける。

 

その情報がヤラセ、偽りであったら、それは遺憾。
調べるにしても、溺れるほどの情報が溢れるほどある中、玉石混淆な訳で・・・

 

本当に信頼できる提供先を見つけるのが、必要だと思いますな。

「嘘も誠も話の手管」ということわざがあるほどですからね。

手短に、価値ある情報を。

Google検索エンジン、変わるらしいがどうなる??

Google検索エンジンが、質の悪いコンテンツから、検索順位を変更させるべく、
検索エンジンアルゴリズムを変更したわけだ。

 

無意味なコンテンツ量産、似たような文章で捻りがないもの、
DeNAの「WELQ」不祥事が影響してるわけやな

 

他にも記事を書いていらっしゃる方々を見ると、やはりオリジナルコンテンツを

しっかり作っていらっしゃるし、読み応えも抜群だ。

 

私なんか、あんまり文章書くのは得意ではないので、

なるべく簡便にわかりやすいコンテンツを作っている最中です。

 

ワードプレスを利用したコンテンツも、平行でやっている最中ですが、

なかなか難しいもので、新しいドメイン取得後、あまりアクセスはなく・・・

 

特にコンテンツは、人の語り口調も交わりますから、

普段からの発言も反映されますね笑

 

分かりやすく、シンプルに。

読みやすい、コンテンツを作っていきたいです。

もちろん、短い文章で構成されていても、「チリが積もれば、叡智」となりますから、コンテンツ拡大を目指していきましょう。

家で待っていてくれる「バーチャルホームロボット」について

人工知能、すなわちAmazon Echo」が話題になるような気がする。

現在、予約受付中であるが、家庭内で待っていてくれて、話しかけるだけではなく、

家に到着する前に、家の電気をつけてくれたりもしてくれる。

 

本当の意味で、「スマートホーム」が構築できるといえよう。

普通に話しかけるだけではなく、飲み物を飲んでいれば、自分のマイマグを持ち、飲んでいるし、椅子に腰かければ、同じように座る。

 

本当の家族、本当に住んでいるかのように錯覚させる仕草だ。

家に人がいるという感動を、感じられる体験。

 

秋葉原発のバーチャルホームロボットは、以下公式ページで。

人間が不要になって、少子高齢化を促進させそう・・・w

gatebox.ai


クラウドソーシング「ランサーズ」

スポンサーリンク