シンプル流儀

簡素生活を加速させる

食養も商売も、情報が大事

まごわやさしい、一汁一菜、マクロビ、断糖肉食、朝食断食、酵素ドリンク・・・

健康情報は、キリがないほどあり、そして、永遠と続く商売敵である。

 

 

あなたは情報にどハマりしていないだろうか。

毎日毎日、情報を集めるばかりではなく、整理できる力。

即ち、「情報リテラシー」を鍛えていかなければならないわけだ。

 

情報を取り入れる時に、こういうような視点を取り入れるのは、いかがだろう?

「自分の興味がある中で、基準となるものを決めること」

本当に大事なことを、見極めてあげて、それに沿うものを確実守る。

 

例えば、イタリア料理をやるときは、バリラのパスタだけを使う。とか、

和食の料理の時は、銘柄関係なく、ひじきとわかめは買っておくとか。

それぞれ、人に応じた基準点を決めておくことで、見極めがしやすくなる。

 

私が大事にしているのは、甘酒だ。

酒粕を使わない、米麹だけで発酵させた甘い飲み物だ。

日本人は江戸時代から、飲まれていた。

 

うなぎの食べられない庶民は、夏場の夏バテ予防に飲んだり、

風邪をひいた時に飲んでいたわけである。

 

オススメはこれである。

スポンサーリンク